ニキビかと思ったら、顔カビだった! 顔カビの原因、症状、治し方とは!

29b5d36019178da3dda0074e846df431_s.jpg

「顔がかゆい」

「いつまでもニキビが治らない」


もしかしたら、その原因は顔カビかも知れません。

顔カビは、その症状がニキビに似ていることから、間違ってニキビ治療薬を選択する人が多く、もちろんそれでは治りません。


顔カビの見た目は小さな赤ニキビに似ていて、症状の違いは“かゆみ”があることです。

そしてその原因は、「マラセチア菌」というカビの一種です。

顔にカビが生えるなんて、想像しただけで気持ち悪いですよね。


顔カビの原因



マラセチア菌は、誰でも顔に常在菌として存在しています。

菌というと悪いイメージがありますが、普段は肌を弱酸性に保つという大切な役割を果たしてくれています。

ところが、このマラセチア菌が繁殖し過ぎてしまうと、かゆみや湿疹などの肌トラブルを起こしてしまいます。


では、いったいなぜマラセチア菌は繁殖し過ぎてしまうのでしょうか。

実は、マラセチア菌は、湿気と皮脂が大好物です。

ですから、汗をかいたときや、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れて、皮脂が過剰に分泌されたときなどに繁殖して、顔のかゆみや湿疹などの症状を引き起こしてしまう、というわけです。

これを医学用語で「脂漏性湿疹」、または、「脂漏性皮膚炎」といいます。


顔カビの治療・治し方



顔の湿疹やかゆみが、なかなか治らないときは、皮膚科を受診して下さい。

そこで、「脂漏性湿疹」、または「脂漏性皮膚炎」と診断されると、ステロイド外用薬、もしくは、抗真菌薬が処方されると思います。

症状の重い人は、これらの薬で、菌を殺して炎症を抑えることが一番です。


ただし、当然ですがこれらは薬である以上、副作用があります。

「薬で全部の菌を殺してしまって、肌のバリア機能などは崩れないのかな」

「ステロイドを長く使用すると、黒ずみやシミになりそう」

当然、このような不安を抱いてしまいますよね。

いつまでも薬に頼っている訳にもいきません。

ですから、ある程度症状が改善されたら、自宅でのケアに切り替えて、肌トラブルを引き起こさない肌質を作り上げましょう。


自宅でできる、顔カビ対策スキンケア



ニキビケアをしっかり行っているのに、顔のかゆみや湿疹が治らない人は、顔カビかも知れません。

まずは、顔カビ(マラセチア菌)の異常な繁殖を抑える必要があります。


皮膚科の医師でもよくオススメしているのが、コラージュフルフルという石鹸です。

これです ⇩




もともとは女性のデリケートゾーンの菌やニオイのケアのための石鹸なんですが、口コミなどでも広がって、洗顔に使用する人が多く見られるようになりました。

人気の理由は、もともと女性のデリケートゾーンのための石鹸なので、粘膜を傷つけないように、低刺激・無香料・無視基礎・弱酸性・パッチテスト済ということで、安心だからでしょう。


私の職場の先輩(男性です)は、眉毛の毛根付近と鼻の横が赤く、かゆみもあり、カサカサで皮がポロポロと剥がれている状態でした。

私がその先輩から相談されたときに紹介したのが、このコラージュフルフルでした。

2週間ほど使用した後は、生活習慣や洗顔方法も含めて私が指導しました。⇐ エラそう(*^▽^*)

今でも毎日スキンケアに気をつけて、綺麗な肌を保っています。

(コラージュフルフルの成分など気になる方は、公式サイトで確認して下さい)

  ⇩ ⇩



顔カビの対策・予防方法6つ



☆洗顔

顔カビの原因は、マラセチア菌の異常な繁殖でした。

そして、そのマラセチア菌は、湿気と皮脂が大好物でしたね。

なので、一番の予防は、肌を清潔に保つことが大切です。

夏場は特に汗をかきやすいので、一日最低2回は洗顔をして、肌を清潔にしましょう。

もちろん、洗顔後の保湿も忘れないようにして下さい。


☆食事

マラセチア菌は、皮脂が大好物です。

皮脂を過剰に分泌させないためにも、脂っこいラーメンや肉類などの摂取はできるだけ少なくして、野菜を多く摂るようにしましょう。また乳酸菌や食物繊維を意識して摂ることで、腸内環境を整えて肌トラブルを防ぎましょう。


☆タオルや枕カバーを清潔に保つ

フェイスタオルやバスタオル、枕カバーなど、直接肌に触れるものは、こまめに洗濯をして、清潔にしましょう。


☆部屋を清潔に保つ

毎日必ず1回は簡単でも良いので掃除をして、窓を全開にして換気しましょう。

ジメジメとした、ホコリのたまった部屋では、繁殖したカビの胞子が漂う事になります。


☆メイク道具を清潔に保つ

化粧品やメイク道具なども、気付いたときに綺麗にしましょう。

手で触れるものは、すべて不潔になると考えて下さい。

トイレの便座よりも、ドアノブの方が不潔なんです。


☆睡眠時間の確保

十分な睡眠時間を確保することで、肌の正常な新陳代謝(ターンオーバー)を促しましょう。


まとめ



ニキビの症状によく似た顔カビ。

もともと誰の顔にでも存在するカビなので、恐れる必要はありません。

上手に付き合って、きれいな素肌を保ちましょう。



この記事へのコメント