脇が汚い! 脇の黒ずみを治すスキンケア方法!

5ee06000e03a1d0e702e5866f45089b8_s.jpg

脇の黒ずみを治したい!」

「脇の黒ずみを改善するスキンケア方法が知りたい!」


脇の黒ずみは、女性にとって意外と多い悩みの1つだと思います。

友達にも恥ずかしくて相談できませんし、1人で悩んでいる女性が多いのではないでしょうか。


特に春から夏にかけて、薄着になると脇の黒ずみが気になりますよね。

電車に乗って、つり革に掴まるのを躊躇してしまったり、デートの最中に彼氏に見られないように脇をしめてガードしたり…とにかく気を使います。


というわけで今回は、脇の適切なスキンケアについて紹介します。

と言っても、今日・明日に脇の黒ずみが改善する方法ではありません。

美肌の獲得には時間がかかります。

秋から冬にかけて、正しい脇のスキンケアを実践して、来年の春には綺麗な脇を披露しましょう(^0^)


脇の黒ずみの原因


脇の黒ずみの原因は大きく分けて2つあります。

ひとつはメラニン色素の沈着で、もうひとつは毛穴の汚れです。


メラニン色素の沈着は、肌への刺激に対する防御反応です。

その理由のほとんどは、脇のむだ毛処理に対する防御反応だと思われます。

脇の皮膚は非常に薄くてデリケートなため、肌を守るためにメラニン色素が沈着しやすいのです。

特に、ピンセット等での毛抜きは、肌にかなりのダメージを与えます。


★ムダ毛処理におけるカミソリや毛抜きのデメリット


・無理に毛を抜いてしまうと、毛穴が広がって皮脂や角質、老廃物などが溜まりやすくなり、黒ずみの原因となります。


・無理に毛を抜くことで毛根が傷つき、皮脂の過剰な分泌を促してしまいます。


・毛を抜くことで生じた微細な損傷を修復しようとして炎症が起こり、赤み・黒ずみの原因となります。


・毛根付近の汗腺を刺激することで汗の量が増えたり、嫌なニオイの原因になります。


・埋没毛を起こしやすく、黒いボツボツが目立つ。



日々のムダ毛処理は皮膚にかなりのダメージを与え、黒ずみなどの色素沈着を誘発し、かえって脇を汚くしてしまいます。

少しお金はかかりますが、メラニン色素の沈着を防ぐために、思い切って永久脱毛するべきです。


そして毛穴の汚れですが、制汗スプレーの使いすぎや、入浴時にしっかりと毛穴の汚れを落とし切れていない事が多いようです。

洗顔に関しては、とても丁寧に、そして慎重に行っているのに、脇になると何も考えずにナイロンタオルでゴシゴシ洗っていませんか?


これは、毛穴の汚れを落とせないだけでなく、ターンオーバーの乱れから脇の肌トラブルを誘発し、黒ずみやニオイの原因になります。

脇も顔と同じように、刺激を与えず、毛穴の汚れをきれいに保たなければいけません。



スキンケア方法


①洗う

入浴時の洗顔は、ほとんどの人は専用の洗顔フォームを使って、丁寧にやさしく洗っていると思います。

ところが、脇を洗う時には何も考えず、ナイロンタオルでゴシゴシ洗いをしている人が多いのではないでしょうか。

脇の皮膚は非常にデリケートで傷つきやすく、知らない間に肌トラブルを引き起こし、気が付いた時には黒ずんでいたり、嫌な臭いを発していたりします。


ですから、脇も洗顔と同じように、やさしく丁寧に行いましょう。

まずは、ボディタオルなどでゴシゴシこすり洗いを止めましょう。

脇の毛穴の汚れをきれいに取るには、どろあわわが最適です。

泥の力で毛穴の汚れを擦らず吸着してより除きます。

毛穴をきれいに出来る事で、ワントーン明るい肌になります。


私はいつも、洗顔時に作っどろあわわの泡で、脇をきれいにしています。

おかげで脇は今のところ、かなりきれいな方だと思います。

どろあわわについては、こちらの公式サイトを参考にしてください。


     ↓↓




②保湿

そして、大事なのが保湿です。

お風呂上りに、顔は化粧水、乳液、クリームなどで保湿しますよね。

脇も顔と同じで、乾燥しやすく、皮膚は薄くデリケートです。

同じように、しっかり保湿して下さい。



③臭い対策

私はワキガ体質なので、この後にデオシークのクリームを塗っています。

前はリフレアのクリームを塗っていたのですが、デオシークの方が消臭・保湿・効果の持続時間が優れていて、これを塗るのと塗らないのとでは、次の日の脇のコンディションが全然違います。


特に汗の臭いが気にならない人は、必要ないかもしれませんが、脇の臭いが少しでも気になる人は、寝ている間の発汗による雑菌の増殖を抑える事が出来て、効果絶大です。

デオシークの成分や効果などは、公式サイトを参考にしてください。


    ↓↓

デオシーク

まとめ


基本的に脇のスキンケアと、顔のスキンケアは同じです。

皮膚の厚さは非常に薄くデリケートで、少しの刺激でダメージを受けてターンオーバーが乱れてしまいます。

そのことで、色素沈着や乾燥肌などの肌トラブルを簡単に引き起こしてしまいます。

クレイ(泥)系の洗顔料で清潔にし、しっかりと保湿します。


ただ一つ違うところは、アポクリン腺の有無です。

脇にはアポクリン腺が存在することが多く、雑菌が繁殖しやすいため、嫌なニオイを発します。

殺菌作用のある脇専用のデオドラント製品は、黒ずみのないきれいな脇を保つための必需品です。

品質の良いものを選びましょう。



この記事へのコメント